お姑さまと戦う40代主婦です!

今さらですが、どうかしてたと思うんですよ。

ダンナからお母さんと同居したいんだけど、と言われた時、なんで「うん」といってしまったのか。

あの頃はまだ若くて、まだダンナのことも好きだったので(今は? どっかいっちまえ~、です。笑)。

いい顔したかったんです。

いいお嫁さんとも言われたかったし、思われたかった。

ダンナは長男だから、そのうち同居はあるんだろうな、とぼんやり思ってはいたんですけどね。

今思えば、なんでまだまだぴんぴんしてる姑と同居する必要があったっていうのか。

ダンナに嫌われたくない一心で、「うん」と言ってしまったバカな私。

お金も出さない、手も貸してくれないけど、口だけは出すという最悪なパターンの姑です。

100歳まで生きそうです。

私のほうが先に逝っちゃいそうです、とほほ。

そんなバカな私が自業自得ではまってしまった嫁姑戦争です。

嫌な姑の実態を毎日お届けします。

愚痴の垂れ流しになりますが、よろしくおねがいします。